6月5日(土)の午後に開催された、埼玉県外科医会第26回救急シンポジウムで、 「米国Physician Assistant制度の実態―患者・ジャーナリストとしての経験取材から―」と題された講演を聞いてきました。演者は、NHKの健康科学番組を制作しているディレクターの遠藤玲奈氏です。

ログインして全文を読む