「ヤメ検」という言葉が広く認知されるようになったのは、この数年でしょうか。「ヤメ検」、「やめ検」は、一般的には検事の仕事を辞めて弁護士になった人を指す言葉のようです。今振り返ると、私がヤメ検と称される方と初めて言葉を交わしたのは、2006年6月に都内某所で開催された、母校(高校)の東京同窓会の席上でした。

『検察が危ない』の画像

ログインして全文を読む