以前、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「シッコ」を見て、話には聞いていた米国医療の光と影、そしてその問題の背景を、映像を通して深く理解することができました。その後、米国ではサブプライムローン問題が発生。マイケル・ムーア監督は、この問題を題材に、新たな映画を撮りました。それが「キャピタリズム マネーは踊る」です。

1%の富裕層が支配する「プルトノミー社会」は日本にもの画像

ログインして全文を読む