「コンクリートから人へ」のスローガンに期待して、民主党に一票を投じた医療関係者は少なくなかったはずです。しかし、2009年11月19日、野田佳彦財務副大臣が、2010年度予算編成において医療費の伸びを抑えるため、薬価の引き下げで診療報酬全体を3%程度削減する改定を厚労省に要求したとの報道に接し、その期待は大きな失望に変わろうとしています。

診療報酬3%削減なんて冗談じゃないの画像

ログインして全文を読む