私は医師、特に急性期の医療現場で働く勤務医の待遇改善は、医療安全のためにも当然不可欠な要素と考えています。しかし、いつも困ったことに感じるのは、時間給を見れば既にワーキングプアとさえいえる状態に追い込まれている勤務医自身が、医療制度や経済について正確な知識を持ち、改善のために自ら行動を起こそうとしないことです。

ログインして全文を読む