全国で起きている医療崩壊の大きな背景には、日本が長年堅持してきた低医療費政策と、それを達成するための医学部定員削減、その結果としての医師の絶対数不足があることが知られるようになりました。既に医師増員の必要性は、医療が崩壊している地域の一般住民だけでなく、メディアや政治家の方々にも広く理解されるようになっています。しかし、大変残念ながら私のブログには、医師増員に反対する声がいまだに寄せられます。

ログインして全文を読む