先日、大変光栄なことに、ある大手新聞の本社で、医療・介護分野を主に担当する記者さん10数人の前で講演をさせていただく機会がありました。講演を通して、日本の医療制度崩壊の根底に低医療費政策や医師不足(特に勤務医不足)があることは、ほぼ納得いただけたという感触を得ることができました。しかし、講演後の質疑応答で、一点だけどうしても意見がかみ合わなかった問題がありました。それは、医療安全調査委員会、いわゆる「医療事故調」についてのやり取りでした。

ログインして全文を読む