新年明けましておめでとうございます。昨年1年間、私は、北は北海道の釧路、南は沖縄まで足を運んで講演してきました。しかし、現実には、医師や医療界の方々の中にも、医療費増は難しいとのあきらめや、将来医師数が過剰になるとの考えから、医師増員に反対を唱える声が少なくありません。医師不足を理由に銚子市立総合病院が休止されたり、日本の首都東京のERでさえ救急医療の崩壊が進行しているこの期に及んでも、医療崩壊阻止、再生のために医師の大同団結が達成できない、ということが私の大きな悩みでした。

富山で医師の大同団結がなった!の画像

ログインして全文を読む