医療崩壊が加速する日本で起きた象徴的な出来事、それが福島県立大野病院の産科医逮捕でした。この事件直後から、産科の医療崩壊を阻止しようと、懸命の試みを続けている、名古屋医療センター産婦人科の野村麻実さんから先日、メールをいただきました。「本田先生、いつもお世話になっております。8月20日に予定されていたシンポジウムの内容が、ようやく形になってきました。申し訳ないのですが、先生の影響力は絶大ですので、ブログでの紹介をお願いしても宜しいでしょうか。よろしくお願いいたします」と書かれていました。

8月20日、大野事件判決の日、福島に集まりましょう!の画像

ログインして全文を読む