「病院が消える―苦悩する医者の告白」(講談社、1993年初版)は、元長崎大学教授の高岡善人先生が、現在の医療崩壊をいち早く警告した歴史的名著です。同書で高岡先生は、日本医療の深刻な実状を告白すると同時に、医療システムの不備や厚生行政の怠慢を突いています。

医療関係者も必読!「さらば財務省!」の画像

ログインして全文を読む