医師・医療バッシング一辺倒だったメディアの報道が、2007年初ごろから少しずつ、医療崩壊の根底にある医師不足や低医療費についても扱うように変化してきたと感じています。私は講演のため全国を回っていますが、講演後の懇談などで「日本の医療を悪くした責任の多くはメディアにある」というようなご意見を耳にしてきました。そのような時、私は必ず「メディアの方も、正しい情報がなければ、正しい情報が出せないですよ」とお答えしてきました。そして、ひそかに心の中では「あなたは、日本の医療について、きちんと情報を収集し、それを伝える努力をしてきたのですか」と問いたい、と思っていました。

医療崩壊はメディアの責任か?の画像

ログインして全文を読む