2月9日の午後、長野県須坂市の保健センターで、「第4回いのちについての学習会」が開催されました。今回の学集会は、「私たちの地域でも起きている医師不足について考えよう」という趣旨の会合で、当日は一般市民をはじめ、行政、県会議員も集っていました。そこで私は「医師不足の現状とこれから」という演題で講演させていただきました。

「責める気持ちから感謝の気持ちに」― うれしかった手紙の画像

ログインして全文を読む