私が主張する「医療費増!医師増員!」に反対の方に、ぜひ読んでいただきたい書籍を紹介します。1冊目は、ニューヨーク市立大学大学院教授の霍見芳浩氏の著書、「大変革 日本再生への処方箋」(早稲田出版)です。この著書の中で霍見氏は、「ブッシュ政権が誕生した頃の米国議会筋では、『日本は表面上民主主義(デモクラシー)をうたっているが、実はクレプトクラシー国家(盗賊・収奪政治)だ』と...ささやかれている」と紹介しています。

「独身手当」が表すクリプトクラシー(盗賊支配国)の画像

ログインして全文を読む