今回の参議院議員選挙は、年金問題・格差社会・政治と金の問題などが逆風となって、自民党の大敗に終わりました。前回のブログで、医療制度研究会で始めて行った各政党のマニフェスト調査とその結果について触れましたが、今回の選挙は、「医師がいかに選挙にかかわるべきか」ということを、私なりに随分考えさせられました。

医師がいかに選挙にかかわるべきかの画像

ログインして全文を読む