「9.11の郵政民営化選挙の際、よもや、与党に投票した医療関係者はいなかったでしょうね。あの時、既にこの国の医療政策がどの方向に向っていくかということは、分かっていたんですけどね」――これは、「医療政策は選挙で変える」(権丈善一著、慶應義塾大学出版会)の帯に書いてある刺激的な一文です。

参院選いよいよ公示、医療政策は選挙で変わる? の画像

ログインして全文を読む