4月13日の夕方6時半から東京駒込の日本医師会館で、日医総研創立10周年記念市民公開講座が開催されました。私は、今後、日本の医療崩壊を食止めるためには、シンクタンクとしての日医総研の存在が欠かせない、と以前より考えておりましたので、当日は外科学会の最終日でしたが、学会は午前までの参加として、大阪から東京へ向かったのです。

日医総研のデータは医療崩壊を食い止められるか?の画像

ログインして全文を読む