本日の「日医白クマ通信」(日本医師会のメールマガジン)で、昨日(3月28日)日医会館で開催された定例記者会見の席上、鈴木満常任理事が、「勤務医の過酷な労働環境が医療の質、安全の面から看過できない状況であることを確認した」として、全国医師会勤務医部会連絡協議会の宣言を発表したことが紹介されました。

ログインして全文を読む