日本人はどこで亡くなっているのでしょうか。その歴史的変遷と、それが病院勤務医の忙しさにも深く影響していることを紹介したいと思います。1951年(昭和26年)から2002年(平成14年)までの間に、日本人が亡くなる場所が自宅から医療機関に大きく変化しています。私が3〜4歳頃に母方の祖父は自宅で亡くなりましたが、当時は日本人の8割が自宅で亡くなっていた時代でした。

「土下座しろ!」--罵倒される勤務医の画像

ログインして全文を読む