前回に続き、第68回日本臨床外科学会の話題です。今回は、学会最終日に行われた特別企画「日本の医療制度への提言」から、米国の医療に詳しいアイオワ大医学部名誉教授の木村健先生のご講演内容の一部を紹介したいと思います。特に医師不足、医療過誤について大変示唆に富む内容でしたので、少し長くなりますが、どうぞお付き合いください。

医療制度の日米比較で見えることの画像

ログインして全文を読む