前回は、勤務医が激務に耐えかねて開業するということに対して、「隣の芝は青いだけ」とグチった。そこで、飛岡内科の現状をお話ししよう。この話、飛岡内科の話であり、他の開業医の一般的な話ではないとご理解願いたい。

病気に休日なし、医者こそ「命の洗濯」をの画像

ログインして全文を読む