数年前より、毎年、11月中旬の火曜日と水曜日(解剖実習が終わるころ)に、母校の川崎医科大学医学部の2回生2名が「診療所実習」と称して、診療所という臨床現場の見学に来ている。これは、正式には「臨床実習供廚箸いぁ¬榲は、大学病院とは異なる医療現場を体験し、医療の多様性を理解し、目的とする良医についての概念を形成することなどである。

今年も医学部学生が見学にきましたの画像

ログインして全文を読む