私見の(下)である。インターン制度復活は始まったばかりであり、第1期生の彼らの前には、障害となる人材は少ない。若い字ときに都市部の病院で研修しておけば、人材不足を起こしている地方・僻地へ帰ることはいつでも可能だと考えている。地方・僻地へ帰るときには、それなりの労働賃金が得られるので、今、医師として必要なことは、自分の将来の収入を保障してくれる「キャリア・アップ」だろう。

飛岡的“医師不足”に関する検討(3)の画像

ログインして全文を読む