私がコンピュータの勉強を始めたのは大学1年生(1973年)である。当時はまだ、パソコンは開発されておらず、メモリーにはコアメモリー(磁性体コアを電線で編み上げて作ったもの)が使われていた。1KB(バイト) が100万円の時代であり、学生実習用電算機には8KBのメモリーしかなかった。コンピュータ言語には、FORTRAN が使われており、BASIC 言語はまだ開発されていなかった。

情報のデジタル化にコピーは付き物の画像

ログインして全文を読む