内科で外来診療に携わっていると、限られた診療時間の中で、有用な問診を取ることができるかどうかが、その後の診療内容の鍵を握っていることを強く感じさせられます。私はまだ卒後7年目で、問診の取り方を改善するにはどうしたらよいか、日々模索しています。最近、問診の取り方を磨いていく上で、いくつかの段階があることに気付きました。

不定愁訴の患者さんから学ぶことの画像

ログインして全文を読む