働く母親にとって、仕事復帰における最大の難問は、生まれたばかりのわが子をどこに預けるかです。『AERA』3月8日号では、子供を保育園に入れるための活動を「保活」と名付け、その実態を報道していました。希望の保育園に入れたら「勝ち組」、入れなかったら「負け組」です。

「保活」時代の子育ての画像

ログインして全文を読む