2008年暮れ。産前休暇に入り、臨月を迎えた私は、「家でゆったりとした時間を過ごすのは、何年ぶりだろう」と思いながら、大掃除やおせち料理の準備に精を出しました。予定日の2週間前後はいつ生まれてもおかしくないと言われていましたが、特に何の兆候もなく、新年を迎えました。

「生まれる力」と「産む力」の画像

ログインして全文を読む