頭がよく何でもスマートにできる医師がいる。臨床技術は言うまでもなく、各種委員会、施設認定取得、学会発表、他職種教育、地域連携構築などでも縦横無尽の働きをする、マルチプレイヤーだ。好奇心が旺盛で、そつなく色々なことをこなし、吸収も早い。羨ましいなあと思いつつ、一抹の不安がよぎる。そのような医師には臨床以外でもどんどんと仕事が舞い込み、ますます忙しくなっていくからだ。

優秀な医師ほど多い“器用貧乏”の画像

ログインして全文を読む