私が経営するメディファーム株式会社ではインターンシップの機会を設けており、時折インターン生が来て、実務の勉強をしている。医療に対する問題意識やある種の閉塞感を持っている医療者、医学生は少なからずおり、自分が若手医師であったときと比べると、彼らの意識の高さと行動力は雲泥の差だ。インターン生を受け入れているのも、彼らがその閉塞感を破るための一助としてもらいたいからに他ならない。

ログインして全文を読む