「医は仁術なり」というが、患者の命を救うためなら医療費をどれくらいかけてもいいのだろうか? これは言い換えれば、「仁術と算術のバランス」の問題である。私的な感覚で恐縮だが、“カリスマ”と呼ばれる医師ほど、「仁術」を重視する傾向にある気がする。「命を救うためなら、いくら金がかかっても仕方ない」と口にする医師が多いように思う。

ログインして全文を読む