その医師は、差し出された名刺を見るなり、「そこに置いといて」と言い放った。来訪した客が話し出しても、耳を傾ける様子はなく、名刺を弄び、途中で折り曲げ始めた。客が話を終え、「ご理解いただけましたか?」と尋ねると、医師は「よく分かんないんで、今の話を紙にまとめて置いといて。じゃ」と言って、その場を後にした。客は50代の医療機器メーカーの部長、医師は20代後半の後期研修医である。

ログインして全文を読む