高校生のころ、医師に憧れた。“腕一本でメシが食える”ことに加えて、ヒトの命を救う仕事がとてつもなくまぶしかった。そして私は外科医になった。だが現在は、コンサルティング会社の経営者でもある。いったんは医師になり夢をかなえた私が、なぜ株式会社の経営者になったのか―その理由を説明するには、2006年ごろにさかのぼらなければならない。

ログインして全文を読む