医療訴訟において、説明義務違反といえばかつては医師が説明を怠っていたことが争点でした。ところが近年、医師はしっかり説明したはずなのに、実は患者やその家族は納得しておらず、裁判にもつれ込み、医療側が敗訴するという事例がまれではなくなっています。

特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけの画像

ログインして全文を読む