「開業当初の運転資金には余裕を持って用意すべきです。診療所の支出プラス生活費の合計を、最低でも6カ月分、できれば1年分を用意した方が、胃が痛くなったり、何かといさかいになったりすることがなく安心です。購入物品はおいおいそろえていっても大丈夫ですので、運転資金を残しましょう」(2008年開業、麻酔科)。『日経メディカル オンライン』と『日経ヘルスケア』が共同で実施している、「診療所開業・誤算の研究」調査に寄せられたご意見の一つです。

ログインして全文を読む