数多い臨床系学会の中で注目度はダントツであろう日本循環器学会の第72回総会・学術集会が、先週末(3月28〜30日)に福岡で開催されました。参加者は会期を通じ1万2600人に上ったそうです。心疾患と脳血管疾患を合計すれば日本人の死因の第1位である癌にほぼ匹敵する数になるだけに、臨床医の関心が高いのもうなずけます。日経メディカル誌は4月号の締切まっただ中でしたが、複数の記者が取材に張り付きました。

循環器領域で“欲しい情報”をお寄せ下さいの画像

ログインして全文を読む