日本の医療の現状、そして日本の文化を、世界各国からハーバード大学公衆衛生大学院に留学している医療関係者に知ってもらおうと、日本各地を回るJapan trip。同大学院に留学中の日本人が企画して他国の学生をアテンドするというこの企画も今年で3回目。大学院の多忙なプログラムの中の、1週間の試験休みという間隙を使って、ボストンから20人以上の外国留学生が日本を訪れました。

ハーバード Japan Tripに同行してみましたの画像

ログインして全文を読む