1991年の第23回日本医学界総会のメインテーマは「転換期に立つ医学・医療」。学術講演のプログラムは、癌、老化など15の柱となるサブテーマの下で、演題は400題を超えています。その中から、特に「転換期」を象徴する3つのキーワードとして取り上げたのが、「臓器移植」「QOL」「予防医学」でした。

《'91京都総会》 転換期を歌い上げた第23回日本医学会総会の画像

ログインして全文を読む