1983年の第21回日本医学会総会では、医療・医学以外の分野の講演にも注力したのが特徴だったようです。中でも、イブニング・レクチャーとして開かれた漫画家の手塚治虫氏やSF作家の星新一氏の講演は好評で、当時の日経メディカル編集部は、記者座談会の中で「医療・医学の分野以外のよその世界の話を聞こうという事務局の姿勢は大変よかったと思う」とまとめています。

《'83大阪総会》 実地医家へ示唆に富む知見相次ぐの画像

ログインして全文を読む