3月14日13時13分、東京地裁7階の710号法廷でマスコミのカメラによる撮影が始まった。2分間の撮影の間、判決を前にした緊張で空気が張りつめていた。見渡すと、52席の傍聴席は、すべて埋まっている。そして13時15分、裁判長が口を開く。

中原裁判傍聴記−−判決言い渡しはたったの1分!の画像

ログインして全文を読む