「田島さーん。今、ちょっといいですぁ」。金曜日の夕方、いつもののんびりした口調で、末田が私の席にやってきた。「胸痛のこと、顧問に伺ってみたんですけど」。ああそうか、今日は顧問が来社される日だったっけ。

ログインして全文を読む