「7月号の特集は『胸痛』でよろしく」。日経メディカル編集長から厳命が下ったのは先月の半ばだった。担当は、若手記者の富田、末田と、日経メディカル オンライン副編集長の私。手つかずの状態なのに、悠々とゴールデンウイークを謳歌していたら、既に7月号の締め切りまで2カ月弱。通常の特集に比べると、取材期間はかなり短い。まずい状況だ。

ログインして全文を読む