『日経メディカル Cadetto』2007年冬号では、「たかが東大、されど東大」と題して、今の若手医師にとっての大学と医局、キャリアについて特集。その中で、東大医学部を卒業しながら、東大の医局を離れ、独自のキャリアを歩む2人の若手医師を紹介しました。循環器内科医として臨床経験を積んだ後、ハーバード大でMBAを取得し、現在、独立行政法人・科学技術振興機構研究開発戦略センターで医療政策の立案に携わる山本雄士さんへのインタビューをお届けします。

臨床+マネジメントスキルで医療を良くしたいの画像

ログインして全文を読む