医師、呼吸器外しで7人死亡――。2006年3月、そんな鮮烈な見出しで新聞各紙が報じた射水市民病院(富山県射水市)の“安楽死”事件。突如表舞台に立たされた医師は、そのとき何を思ったのか。元・射水市民病院外科部長の伊藤雅之氏が、今、すべてを話す。

「射水事件のこと、すべて話します」の画像

ログインして全文を読む