このブログでは主に医療専門職のプロフェッショナリズムだとか、患者・医療者関係だとかを書いてきましたので、今回のネタは若干毛色が違うかもしれません。

ログインして全文を読む