病院の外来診療をやっていて、この数年急激に目立つようになってきた「主訴」があります。それは、「血液検査でがんの疑いが高いと言われた」という主訴です。この主訴を持つ何人もの患者さんを診療していく中で、「知る」ということの難しさを強く感じるようになりました。

ログインして全文を読む