春ですね。春は別れのシーズンでもあり、始まりのシーズンでもあります。私の勤務する東京医療センターでは、市中病院としてはかなり多くの初期臨床研修医が働いています。この3月も例年と同じように彼女/彼らは2年間の臨床研修を全うし、新たな新天地に旅立つ人もいれば、当院で後期研修を続ける人もいます。ただ、いずれにしろ全ての医師に共通するカリキュラムはこれで終了です。これからは、彼女/彼らは本格的に専門職の世界で、大きな責任とともにそれぞれの道を歩いていくことになります。

ログインして全文を読む