「女性の方は土俵から降りてください!!!」――。4月上旬、京都府舞鶴市で開かれた大相撲春巡業の土俵上で、挨拶していた舞鶴市長が倒れた際、救護活動のため土俵上に駆け上がった女性に対して発せられたアナウンスが問題になった。人命がかかっているのに、救護している女性に土俵から降りろとは論外である。ただ、おかしいのはアナウンスだけではない。個人的には、テレビの報道の在り方自体にも違和感を感じざるを得なかった。

ログインして全文を読む