今から約30年ほど前、親父が今でいう携帯電話を買ってきた。当時は「ショルダーホン」という呼び名で、大きさは今のノートパソコン2台分くらい。その機械にストラップが付いており、肩にかけて持ち運ぶという大層なものだった。

地域医療構想のヒアリングで高校の進路指導を思い出したの画像

ログインして全文を読む