先日、九州厚生局による2014年度診療報酬改定に向けた講習会に出席した。このブログでも散々述べてきたように私はこれまで、診療報酬に応じて病院の基本形態を変えるような経営をしてこなかった。東病院は24時間体制で1次救急と2次救急に対応しているのだが、地域においてうちのような病院に存在意義があるのなら、職員に多少の無理を強いても救急を続けるのは当然のことであり、逆に存在意義が失われてしまえば、さっさと止めるのが当たり前だと考えている。医師として、1人の医療従事者として、我々の使命は、患者が求める医療を提供することに尽きる。だから東病院が患者に選ばれなくなれば、病院を閉めるだけである。

今改定で初めて報われた、虎の救急医療の画像

ログインして全文を読む