「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや」 ご存じのように、これは論語の学而編の一節だ。この前には、「学びて時に之を習う。亦た説ばしからずや」、後には「人知らずして慍おらず、亦た君子ならずや」と、三節が並ぶ。私はこれを、「学ぶことの大切さ」、「友人の大切さ」、「人を憎まない大切さ」の3つを孔子が説いたものだと勝手に捉えている。もし、学術的に間違っている解釈だったら、どうかご容赦願いたい。

虎が『論語』を解釈するとこうなるの画像

ログインして全文を読む