東病院の敷地にはかつて、ビーチクラフトという双発の(2つのエンジンを備えた)飛行機が置いてあった。そのため東病院は私が小さい頃、熊本市内で「飛行機のある病院」と呼ばれていた。それは以前このブログで書いたように、親父が“飛行機野郎”だったからだ。

わが親父と「飛行機のある病院」の思い出の画像

ログインして全文を読む